GOT7、台北公演盛況… 7000人ファン熱狂

特に今回の台北コンサートは7000人の観客がすべてスタンディングで観覧するオールスタンディング公演で、さらに情熱的な雰囲気を醸し出した。公演後半にはジンヨン-ベムベム、JB-マーク-ヨンジェ、ジャクソン-ユギョムのユニットステージを通じて、海外のファンに各メンバーの個性と魅力をプレゼントした。GOT7は今年5月から8月まで、ソウル、バンコク、マカオ、モスクワ、ベルリン、パリ、台北、ジャカルタ、トロント、LA、ヒューストン、ニューヨーク、メキシコシティ、ブエノスアイレス、サンティアゴ、シンガポール、香港など海外17都市でワールドツアーのステージを開催し、グローバル人気アイドルとして歩みを進めていく。

アジアからヨーロッパ、北米、南米までツアー地域の範囲を拡大して会場の規模も拡大した歴代級ツアーを行っているGOT7は30日、インドネシアのジャカルタで単独公演を開催し、熱気を継続させていく。

一方、今月20日に日本で新しいシングル「ザ・ニューエラ(THE New Era)」を発表したGOT7は先月から日本6都市を回る全国ホールツアー「GOT7 Japan Fan Connecting Hall Tour 2018」THE New Eraも並行している。 5月15日福岡サンパレスを皮切りに、17日と18日、大阪オリックス、26日、広島HBGホール、28日名古屋センチュリーホールで公演したのに続き、6月18日〜20日の3日間、東京中野サンプラザ、23日仙台サンプラザでのツアーを続けていく。