KBS、8月ダンス芸能「ダンシング・ハイ」発表…ティーザー公開

この記事の所要時間: 252
ダンシング・ハイ
http://news1.kr/articles/?3348439

全世界を駆け巡る大韓民国の誇らしい歌手でありダンサーのシャイニーのテミンと防弾少年団ジミン、そしてワナワンのカン・ダニエルが「10代ダンサー」を公開募集して話題となっている。彼らだけでなく、シャイニー、BTS、ワナワンのメンバーが共に大韓民国放送初の10代の、10代の若者による、10代達のダンスバトル番組「ダンシング・ハイ」のティーザーに登場して関心を集めている。

8月放送予定のKBS 2TV芸能プログラム「ダンシング・ハイ」側は18日に公開募集ティーザーをネイバーTVで初公開し、関心を集めた。「ダンシング・ハイ」は、大韓民国の放送で初めて最高の10代のダンサーを探す番組で、10代のダンスバトルを介して様々な見どころとストーリーを伝える予定だ。

18日に公開された「ダンシング・ハイ」ティーザーには、国内はもちろん全世界を駆け回って多くの愛を受けているシャイニー、BTS、ワナワンが10代のダンサーたちにラブコールを送ると同時にサポートの方法まで親切に案内し目を引いている。

最初の画面から登場したワナワンのカン・ダニエル、オン・ソンウ、パク・ウジンは「俺だよ俺」の「今夜の主人公は〜」の部分を歌って注目をひきつけたが、カン・ダニエルは画面と目を合わせた後、「君だよ君」と話し、見る人々にときめきを与えた。