「ソリョンの合成写真作成者、検察送検」ソリョンの所属事務所FNCが明かす

この記事の所要時間: 253

 

ソリョン
http://news1.kr/articles/?3352273

グループAOAソリョンの裸の写真を合成して流布したネットユーザーが起訴され検察に送致された。

FNCエンターテイメントは22日「ソリョンの合成写真作成と流布事件と関連して、警察は合成写真を流した2人を調査した」とし「このうち1人に対して、情報通信網利用促進及び情報保護に関する法律(サイバー名誉毀損)違反の疑いを認め、起訴意見で、ソウル中央地方検察庁に事件を送致し、残りの一人に対しても捜査を進めている」と報じた。

続いて、「また当社は、所属アーティストのソリョンが直接管理するSNS(インスタグラム)メッセージを通して性的羞恥心と嫌悪感を生じさせた者にも刑事告訴を行った」と明らかにした。「その結果、仁川地方検察庁では、性暴行犯罪の処罰等に関する法律違反(通信媒体利用わいせつ罪)、情報通信網利用促進及び情報保護に関する法律違反(わいせつ物流布、不安造成)容疑をすべて認定し、現在仁川地裁で裁判が進行中」と説明した。

所属事務所はこれに対して、「当社は所属アーティストの基本的な権利を保護し、不正なサイバー文化を正すために、今後もオンライン上で発生する犯罪行為について善処なく、強力な法的措置をとる予定だ」と警告した。

先立って去る3月、SNSをはじめとするメッセンジャーにはジコの紛失した携帯電話から出てきた写真だとし、ソリョンの裸合成写真が無分別に流布された。

これに対し、当時公式ファンカフェを通じて「心を痛めているようで何か言わなければいけないと思った」とし「会社が話した通り、製作者と流布した犯人を必ず見つける。この先、別の被害者が出ないよう私ができる最善を尽くして頑張ってみる」と述べた。