「一等兵が、3○○号大佐室にいる」… G-DRAGON、国軍病院特別入院

この記事の所要時間: 254
入隊生活中のGD
http://m.entertain.naver.com/read?oid=433&aid=0000046269&cluid=c_201806251020_00000008

G-DRAGON(GD、クォン・ジヨン・31)の軍生活は、どうだろうか。

「一等兵」クォン・ジヨンは、これまで4回以上病院を訪れた。自隊配置(4月5日)の後、およそ20日ほど病院で過ごした。 9泊10日間の病気休暇だけでも2回出した。

次に、G-DRAGONの病院生活は、どうだろうか。

「一等兵」クォン・ジヨンは、現在の国軍ヤンジュ病院に入院している。去る19日、足首の痛みを訴えてヤンジュ病院を訪れた。 9泊10日の病気休暇。今月28日に退院する予定だ。

なお、彼の病院生活は特別である。特室を使っているためだ。 一人で使用するその部屋は、「大佐室」。少佐も中佐も使用することができないヤンジュ病院3○○棟3○○号大佐室である。

「ディスパッチ」がクォン・ジヨンの特別入院を確認した。彼は現在、国軍ヤンジュ病院大佐室にいる。今月19日に入院し、現在(6.25、09時)まで滞在している。

原則的には、ありえないことである。一般兵士の場合は、4・6・8人部屋で過ごす。病室が不足しているからだろうか。複数の情報筋から確認した結果、空のベッドが「かなり」あった。

クォン・ジヨンは(軍でも)「一等兵」ではなく「スター」だった。実際に彼の病院生活は「別」級であった。