「K-POPの宝石」パク・ボラム、韓ータイ修交60周年記念行事に出席 「意味深い日に公演」

 

韓ータイ修交60周年記念行事に出席したパク・ボラム
http://news1.kr/articles/?3353816

歌手パク・ボラムが韓国を代表する歌手として韓国-タイ修交60周年記念のタイのイベントに招待された。

今月21日の深夜にチェンマイ空港に到着し、最初のスケジュールを開始したパク・ボラムは、夜遅くにも関わらずプラカードを持ってきたファンの歓迎を受け、22日には20余りのタイ現地メディアが参加した記者会見で韓国広報大使の役割を見事にやり遂げた。

この日パク・ボラムは「K-POPの宝石のような存在」という紹介と一緒に舞台に上がった。パク・ボラムは「タイのファンの方々が常に応援のメッセージをたくさん送ってくれて、機会があればいつか必ずタイで公演しながら感謝の挨拶を伝えたいと考えていた。このように意味深い日、良い場所で公演できるようになって本当に気分が良い。韓国とタイの長年の友好関係がより厚くなって、このような場がより多くなっていけば嬉しい」と所感を明らかにした。

続いてパク・ボラムは「以前から、タイには本当に来てみたかった」とSNSを介して応援のメッセージを送ってくれたタイのファンへの感謝を表した。また、チェンマイの代表的な寺院であるトイステップ、アーティストたちの村のバンカンワットを行ってみたい旅行先として挙げ、目を引いた。